パリエットをネット販売で手に入れる方法は?

パリエットをネット販売で入手可能

パリエットは元々病院で医師の診察を受けて処方箋を受け取り、それを持って調剤薬局に提出することでやっと入手することのできる「処方医薬品」というカテゴリに入る薬品です。ですから、薬局・ドラッグストアなどで手軽に手に入れることはできません。

 

しかし、実はネット販売で簡単に購入することができるのです。しかし、全ての通販サイトで購入することはできません。個人輸入という特殊な手段を使って初めて購入することができるのです。

 

個人輸入という言葉を初めて聞いた方は、「なんだかややこしそうだし、そんなことできないよ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。そんな方向けに個人輸入代行業者というものがあります。この業者を使えば普通のネット通販とほとんど変わらない手間でパリエットの購入ができるのです。

 

下の図は個人輸入代行業者を価格順にリストアップしたものになります。個人輸入を利用したことがない方は参考にしてみて下さい。

 

※パリエット20mg(28錠入り)1錠あたりの値段になります

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
71.8円(最安値!) 無料 オオサカ堂 詳細
142円 無料 海外薬店 詳細
295円 無料 ドラッグエクスプレス 詳細

↑の図のように一番安いのはオオサカ堂になります。こちらの値段は1箱ずつ購入した時のものになりますので、薬が体に合っているようなら多めに買えば更に価格を下げることができます。

 

ネット販売での入手は個人輸入に限定されています。その他には今現在入手手段はありません。

 

なお、もしパリエットを個人輸入で買おうと思っているなら、事前にパリエットの効果・副作用などについては知っておきましょう。

 

⇒ パリエット【効果や安いジェネリックの通販のやり方も解説】

 

上記のサイトで、パリエットの効果・副作用などのもろもろの情報が詳しく解説されています。一度見られておいた方がよいでしょう。

 

パリエットはこんなサイトでは手に入らない

↓は各ネット販売サイトで「パリエット」を検索してみた際の結果です。

 

amazon

楽天

マツモトキヨシ

ツルハドラッグ

 

上記の画像はネット販売サイトやドラッグストアの直営オンライン販売サイトで検索した際の結果になります。これらを見ていただくか、もしくは実際に検索を行ってもらうとわかる様に「パリエット」で検索しても出てきません。検索結果に出てきている物も全く無関係な品物です。

 

出てこないならそれはそれで問題ありませんが、まるでパリエットの何か関係あるような品物をクリックしてうっかり買ってしまうことのないように注意しましょう。

 

パリエットがどんな薬なのかを詳細に解説


パリエットは胃酸の分泌を抑える薬です。プロトンポンプというものの働きを阻害することによって胃酸の分泌を少なくしてくれます。主に胃潰瘍と逆流性食道炎の治療、ピロリ菌の除菌のために使われます。胃潰瘍の時は、胃酸が多く分泌されると治りが遅くなってしまうので、パリエットを服用します。また、パリエット自体にピロリ菌を殺す効果はありませんが、ピロリ菌の除菌に使われる抗生物質は胃の中の酸性度が弱い方が効果が高まるので、胃酸の分泌を抑えて酸性度を弱めるために用いられます。

 

パリエットは胃潰瘍などに高い効果がある反面、効果が出始めるまで少し時間がかかるという特徴があります。このため即効性が欲しい時は別の薬を使うのが良いでしょう。また、日中の胃酸抑制には効果が高いものの夜間は効果が弱いという特徴もあります。

 

パリエットで生じる可能性のある副作用は、下痢、便秘、味覚異常、発疹などです。致命的な事態になる副作用が起こりにくいのも広く使われている理由です。肝機能の数値が悪化することがあるので、定期的にパリエットを服用する場合は肝機能の検査も同時に行っていくのが望ましいです。

 

以上のように胃酸抑制に高い効果が期待できるパリエットですが、連続服用できる日数に上限がある場合があるので注意が必要です。


http://paintgods.com/ http://www.latourane.com/ http://www.louisvuittonatnordstrom.com/ http://www.antalyaeastsubaylar.org/